【始めたてや低迷中の方へ】独学で挫折しない方法【マインドセット】

Mental Programming Side job

こんにちは。

最近、転職活動を始めました。

想像よりもはるかに便利な世の中になっていて、ミイダスやOnepairと言うアプリを使うと意外にも未経験ITエンジニアのオファーがきます。

そんな中、とある大きめのベンチャー企業の社長とお喋りしてて、改めて認識した「独学」という成長の仕方について

書かせていただきたいと思います。

今回は、これから勉強するぞ!という方や、勉強しているけど、身が入らなくなってきたり、低迷しているな〜と感じる方へ参考になればと思います。

結論:勉強は「手段」であり、「目標」ではないです


勉強した事自体に満足すると続きません。

以下、目次です。

目標を設定して、手段を逆算する

僕の場合は「お金を稼ぐ」が目標でコーディングを勉強しました。

コーディング×クラウドワークスで目標から逆算します。

「お金を稼ぐ」 = 「仕事を受注する」ですね。

まずは実際にどんな案件があるのか、確認しましょう。

クラウドワークスのコーディングの仕事は、

  • HP作成
  • WordPress実装
  • ページ追加・修正
  • LP作成

が多いと思います。

つまり、目標の「お金を稼ぐ」には、「指示されたHP、ページのデザインを一から自分で作り上げる」というスキル(手段)が必要になってきます。

よって、「模写コーディング」ができるようになればいいですね。

「模写コーディング」ができるようになるためには、

「HTML/CSS/JavaScript/PHP(WordPressなら)」のスキルが必要です。

なので、Progateやドットインストール、書籍を使って勉強していこう!と手段が決まります。

つまり、勉強はただの「手段」、お金を稼ぐための「手段」でしかないわけです。

なのに、勉強を目標にしてしまう事で、目標が達成されてしまい、満足してしまいます。

そうすると、継続する気がなくなります。

あくまでも大事なのは「目標」の設定ですね。

最終的な目標だけを見過ぎてもよくない【スモールステップとビッグエリア】

矛盾しているようですが、「お金を稼ぐ」事だけを見続けていると、

例えばCSSのflexあたりでつまづいた時に、

「わかんねえ…こんなんじゃお金を稼ぐなんて目標無理だな…」と思ってしまって挫折します

なので、目標を細かくきざんであげましょう。

お金を稼ぐという大きな目標(ビッグエリア)に対して、細かい目標設定(スモールステップ)をしましょう。
お金を稼ぐ→仕事受注→模写ができるようになる→コーディングを学ぶ

というフローからさらに細かく、

コーディングを学ぶという小さな目標を設定します。

例えば、

コーディングを学ぶ→HTML/CSS/JavaScriptの基礎を学ぶ→Progate・ドットインストールを終わらせる

ならば、

Progate・ドットインストールを終わらせる→三日で〇〇から〇〇まで進める

という短い期間で終わらせられる小さな目標(スモールステップ)まで分解します。

そうすると、目標達成の充実感や、自己肯定感で次のステップに進みやすくなります。

最終目標は時々、振り返る【勉強を目的としてしまう理由と対処】

ただし、注意して欲しいのは、小さな目標を達成することだけ考えていくと、

勉強したこと、それを終わらせたことに満足してしまい、そのうち手段と目標が入れ替わってしまうのです。

そうなると、なんのために勉強しているか分からなくなって、迷子になり、やる気がなくなったりします。

なので時々、大きな目標(ビッグエリア)までの道のりを思い出しましょう。

  • 「なんでprogateをここまで進めたのか?」→「コーディングをマスターしたいから」
  • 「なんでコーディングをマスターしたいのか?」→「模写ができるようになりたいから」
  • 「なんで模写ができるようになりたいのか?」→「仕事を受注したいから」

スモールステップで達成感を得つつ、ビッグエリアを忘れないようにしましょう。

目標を決めた時は、スキルがなくてもいい【勉強は最低限でいい】

目標を決めた時に、その目標が達成可能なスキルを100%持ってる必要はないです

「お金を稼ぐ」が目標なら、まずは模写コーディングを2、3個しましょう。

そしたら、クラウドソーシングに登録してかたっぱしから受注していきましょう。

100%達成できる仕事は、その時点ではかなり少ないです。

でも、やれそうかも!と思ったらやりましょう。できないところがあっても、壁にぶつかればいいんです。

できないところを見つける→できるようになるためには何が必要か考える→必要なものを習得する

このサイクルを納期までにぶん回せば完成させられます。

失敗するということは成功するまでの通過点なのです。分からない事が分かれば、あとはそれを勉強すれば良いだけです。

勉強だけを重ねていっても、経験値やお金は得られないので、すぐにでも戦場に飛び出していきましょう。

改めて結論:勉強は「手段」であり、「目標」ではないです

今回はコーディングを例にしましたが、他の場合でも同じかと思います。

大事なのは目標です。

手段と目標が入れ替わると、成長が終わります。

今は、

「WEBサービスで社会に貢献したい」→「WEBサービスが作れるようになりたい」→「サーバーサイド言語のマスター」→「Ruby on Railsの勉強」という形で、独学を進めていっております。

自戒も込めて、同じような環境の方に参考になれば幸いです。